コスパpeopleブログ

自分がお得だと思った情報とか思うこととかを色々書く

物販のコンサルを受けることに。期待するポイントと選んだ理由

表題の通りです。

ついに僕もコンサル受けることにしました。

ちなみに、以前の記事でちょっと取り上げた「やす」さんです。

理由はシンプル、成長角度を上げるためです。

僕がコンサルに期待することは以下の2つ。

・目標を立て逆算して進む

・すでにわかっているノウハウを吸収する

また、なぜやすさんを選んだかも書こうと思います。

このブログ、今の所収益化とか特に考えてないですが、そういったニュートラルな立場から正直に思ったことを発信して、コンサルを検討している人に参考にしてもらえればいいなーと思ってます。

 

目標を立て、逆算して進む

自分で言うのもなんですが、情報の収集力および理解力には自信があります。

しかし、それは疑問や問題を解決するのには役立ちますが

目標に向かってマイルストーンをしいて確実に前に進むのとは別のスキルになります。

 

僕は儲かる商品を探すことはできるようになっているのですが、

もっと売上規模をあげたいと思っています。

それには、目標を決めることとそこから逆算をして取り組むことが必要です。

これが僕はとても苦手です。

大学受験勉強も高三11月までほぼしてなくて、自習室に来ないと怒る友人が怖く

毎日とりあえず来ては勉強することを繰り返していたらなんとか大学もいいところにはれました。

が、計画はほぼ0

いままで目標を立てて逆算して計画通りに進める経験をしたことがありません。

コンサルに期待する効果の一つがこれです。

また、これは物販にかかわらず様々なもので応用ができると思います。

 

すでにわかっているノウハウを吸収する

疑問に対する答えをすぐ入手する

以前の記事で書いたのですが、ノウハウはすでに知っている人から吸収した方が圧倒的に効率です。

例えば、足し算だけ知っていてそれを極めたとしても、大きな数字を扱うなら

絶対に掛け算には勝てない。

また、足し算を極めている途中に自分で掛け算を編み出せたらそれはすごいことですが

すでに確立された方法ならそれを編み出す時間って勿体無いと思います。

 

物販関係は、自分で出そうと思ったら絶対出せるけど時間がかかるようなものがたくさんあると思います。

わかりやすいので言えば...

・どんな販路で始めるのがいいのか?

・どんな商品を仕入れればいいのか?

 

具体的なもので言えば...

・alibabaにおいて、代行業者は何を使うのがいいのか?(※ちなみに英語が普通に使えるのであれば、1688じゃない方のalibabaでは代行業者はいらないです)

・商品を家に置いといても梱包の時間がかさむばかりでいい方法がないのか。

 

たくさんの選択肢を持つ

これらは全部僕の中で答えを出しましたが、疑問出てから1-2ヶ月かかったものもあるし、すぐ出た答えに関してももっといい方法が本当はあるんじゃないか?って思っています。

僕は、メルカリ・ヤフオクAmazonという流れを踏んでいますが

Ebayヤフオク転売と言う選択肢もあったことをそのコンサルの人にきいて初めて知りました。

A,B,Cという選択肢の中から自分にあうものを選べたとしても本当はD,E,Fもあるかもしれません。

こういうのは実際にプレイヤーとして成功されている人の情報をもらうのが実際的だし確度が高いと思います。

 

なぜやすさんにコンサルを受けることにしたか

話していて信頼できそうと思ったからです。

どんなとこが信頼できそうだと思ったかと言うと

・言っていることが地に足ついている

・アドバイス通りにやったら実際に収益が出た

・話しやすい

・現在の収入でも賄える

とかですかね、とにかく早く成長角度を高めて副業を伸ばしたいと言う思いがあったので、実はほとんど比較とかしてなくて直感です。

 

言っていることが地に足ついている

彼のコンサルでは、まず現状のヒアリングとどうなりたいのか

それに対して彼が提供できる選択肢を提示し、そこに対しすり合わせをおこなっていくスタイルです。

ここにおいて「絶対儲かる」とかよくある情報商材にあるような文言は出て来ません。

そして、やめた方がいいことも正直にやめた方がいいと言ってくれる。

相手の成功を第一に考えているスタンスが感じられました。

アドバイス通りにやったら実際に収益が出た

以前、やすさんからもらったアドバイス通りに相乗り出品したらその月で30万円以上の月商がでました。本当にいきなりです。

彼がやってくれたのは方向性の指示。具体的に何を仕入れろとかそういう話は一切ないです。

僕自身、リサーチとかも原則さえわかってしまえば以前から仕入れをしていることもありできなくはなかった。

ただ、もう旨味がない&労力がかかるところに固執してしまっててあまり売り上げが出ない状況になってました。

しかし、売り上げランキングをみて、売れているものをalibabaで探し仕入れ相乗りする。これを繰り返せばといいとだけ言われその通りにやっていたら本当に上手くいきました。

あ!!これ聞くとまるで言う通りにするだけでうまくいくみたいな印象与えるからあらかじめ言いますが、自分で考えてやる力は絶対必要です。

例えば、売り上げランキング。何を持って高いと言うんだろうとか

高いっていうけどいきなりいっぱい仕入れずaliexpressで少量を納品して様子見てから本格的に仕入れようとか

売り上げランキングが上位のものに関しても、順位の変動が激しくないかなど。

 

ここらへんは一切教えてもらってません、でも売れているかどうか&本当に売れるかどうかというのをしっかりリサーチしなければいけないとアドバイスもらってたので

そこらへんも言われずともやってました。

こういった判断まで自分でできる必要はあるんじゃないかな?とおもいます。

まぁやすさんはたしか完全初心者にも教えてたから大丈夫かもだけど。

でも情報をもらったら自分で噛み砕くことは必要だと思います。

話しやすい

やすさん、億プレイヤーとかではないですがしっかり成果を出されてる割には「俺すごいんだよ」みたいなアピールが全然感じられなくて、こっちも緊張することなく自然体で話せました。ここは好みだと思います。

逆に、おれはたくさん稼いでるんだ!ってバンバンアピールする人の中にもしっかりした人もいるだろうし、そういう感じの人が合う人だっていると思います。

僕の場合は、100あることを100ありのままに見せる派のひとなので、そういう正直な人を好む傾向があります。やすさんにもそういうとこが感じられたのもポイントです。

コンサルを受けると言うことはコミュニケーションをその人とは密にやるわけですから、雰囲気があうかどうかは重要だと思います。

ビジネスではありますが、友だち選びに近いものがあるかも。

就活も結局社風が合うかって、要はその会社のノリとか空気に合うかどうかってことだと思うのでここは結構重要だと思った!

 

現在の収入でも賄える

値段はとりあえず伏せときますが、かなり良心的な価格。月額数万円程度でした。

実績を見るとまだ、月収10万円くらいの人が多く最近40万超えた猛者もいるみたいですが僕も月収ベースでどんどんあげていきたいです。

 

転売系副業はコスパを極めるのが大好きな人には天職だと思います。

楽しいし、やり込んでもお金という意味のある価値になり返ってくるのでゲームと違って虚しくない。

 

すばらしいですね

まだ受ける前だけど、早速日曜日に通話をして今後のカリキュラムについて話す予定です!楽しみだ。

 

 

 

副業の中国転売で、独学で初心者から初級/中級にステップアップするまで僕が辿った道

現在、副業で中国から物を仕入れてAmazonで売る転売をやってます。 この界隈は奥が結構深いです。独学でやってると、いろんな壁にぶち当たります。 そういうのをどう超えていったか記しとくと今後やっていきたい人の役に立つんじゃないかな? と思って書くことにしました。

プロじゃない人の等身大の情報って結構貴重な気もするし。 僕は先月やっと月商37万円という結果でそれが過去最高という感じ。全くプロではありません。 でもそういう実力の人が等身大で発信するというのはなかなか見かけないので 貴重な情報になるんじゃないかなと思ってます!

前回までのあらすじはこちら

cospapeple.hatenablog.jp

転売仲間ができる

モチベ維持に仲間って重要だなと感じる今日このごろ。 このブログがきっかけで転売仲間をゲットできました。 情報発信しててよかった!と結構思ってます。

ブログへのお問い合せがきっかけ

去年の10月あたり、ブログに貼ってあった僕のBaseのお店にお問い合わせがありました。 どうやら転売をやっている同業者で僕の中国スマホ転売に興味を持っていて一緒に販売したいとのこと。 こんなこと初めてで、ワクワクしたので錦糸町であってみることにしました。

その人はまだ21歳。北海道の結構頭よい高校を中退。 理由が小遣い稼ぎにやっていたAmazon転売が思ったより好調だったから。 話していて頭の回転はやい、情報収集力が高いというのが感じられました。 多分、受験勉強してたら旧帝大とか早慶行けるレベルだ。

ノウハウ共有をする仲間に

彼はCD/DVDを外国で仕入Amazonで販売している、中国転売の僕とは 違うバックグラウンドをもっています。
結局パートナーとしての取り組みはしてないですが、今も彼とはめちゃくちゃ密にLINEで連絡とってます
彼は年商ベースで500万円ほどの実績を持っていて、僕よりも販売力あります。 しかし僕も中国系の仕入れやコミュニケーション、リサーチ力などで提供できる情報やスキルはあり お互いがお互いを尊敬して、持っていないものを互いにシェアし合うような関係性に結果的になれています。

彼はこのまえAmazonの無慈悲なアカウントサスペンドを食らったので、僕がちょっとアカウント貸してあげてたり なんてこともしてますw 仲間がいると支えあえていいなあと最近とても感じています。

仲間は、情報収集の幅や角度が広がる

転売していると、中国の業者からFBA直送したいなとか、もっと送料安くしたいなとか いろいろな悩みや改善点が出てきます。

その改善点も様々。そんなときに仲間がいると、その悩みを相談して案外すぐ答えが出たりします。 僕は彼のおかげでAmazon小型プログラムの存在を知ることができて送料を安くすることができるようになりました。

モチベーション停滞期

一応転売は2016年にはじめましたがモチベーションが途切れ、ほとんど活動していない期間が半年ありました。 理由はいくつかあります。

スマートウォッチが売れなくなる

僕は有ろう事か、1年以上ずっと同じスマートウォッチだけを販売していました。 ずっと高値で売れていた。でもそんな日々も終わりを告げます。 Amazonでは「スマートブレスレット」というfitbit的なタイプのウォッチが流行り始めたのです。 f:id:onceyoufall:20180630174913p:plainそして、僕が売っていたモデルはそもそも古くなりつつあることもあり売れなくなっていきました

Amazonアカウントが止まる

なんと、11月突然アカウントが止まってしまった。。。 f:id:onceyoufall:20180630180750p:plainちなみに僕はこれを一ヶ月ほど放置してましたが、ちゃんと対策を伝えれば普通に復活できます。仕入先のスマートウォッチは、「電源がつかない」と度々返品要請がありました。 理由は、電池の接触が悪いことです。実際には電池を付け直すと電源が付きます。 しかし、これが「不良品を多数売っている」とみなされアカウントが止まってしまいました。 Amazonアカウントスペシャリストに何度もメールを送りなんとか復活させましたが、 そのときに燃え尽きてしまいましたw

モチベ復活

その後、現在に至るまでモチベーションがちょっとずつ復活してきました

中華スマホがいい感じに売れる

僕は貯金をしていません。 そのかわり、毎月5万円を何かしらお金を増やすためのなにかに使おうと決めています。
その月、特に使いみちを思いつかなかったためAmazonですでにページが作られている中華スマホ仕入れて売ろうと なんとなく仕入れてFBA出品したらすぐ売れました。ちなみに当初はXiaomiとhuaweiの機種を仕入れた。

もちろん使ったのはaliexpress。 Aliexpressは運営とセラーが別なので、セラーがひどい対応してもaliexpressが結構守ってくれます。
逆にgearbestやbanggoodは運営=セラーな故いいサポートしてくれるとは限らない。 少なくともgearbestは在庫がないのに「在庫あり」表示になってて出荷遅延平気で起きるし サポートに問い合わせても一切謝罪無しで「じゃ返金する?待つ?」という対応しかしません。
プチ仕入れは基本これを受けaliexpressのみでやるようになりました。

転機のひとつ。無料コンサル

いろんなメルマガを登録してる中で無料コンサルというのを見つけました。 世界を旅しながら転売をしているタイプの人で、教材作りの参考にしたいため転売してる人の悩みをたくさん聞き、かわりにその答えをあげるという企画でした。

早速応募。すぐ返信があり、そのときにいろんな悩みを話しました。 僕の場合は、儲かるものを探すことはできてもどうもこの転売を大きい規模のものにできないのが悩みでした。 そして、スマートウォッチが売れなくなっていたこと、中華スマホはそこそこ売れていることを話しました。

そのときに、いろいろ差っ引いた結果の利益率が30%であることがリサーチ商品の基準であることスマホのケースなどの付属品が儲かることを教えてもらいました。

ちなみに、無料コンサルを受けたのは以下の人。※無料コンサルはその時の限定的な企画です。今はやってません。

コンサルでいろんなことをたったの1時間の間に教えてもらったのでせめての恩返しとして紹介しておきます。 億プレイヤーとかではないですが、「めちゃ儲かる」とか言う話ではなく具体的なノウハウを話してくれて 非常に信頼できそうな人だなと思っています。今、彼からコンサルを受けることを少し検討しています。

yasulax0902.com

コンサルについて

他にも寺田式転売スクールも気になっています。Facebook広告が「無料塾」を謳っていてめったくそ怪しいアレ。

でも実際にコンテンツ見てみるとyoutubeを中核に結構中身の濃い情報を発信してくれているwww なぜ無料かというと、ここで力をつけた人向けに中国OEM/ODMスクールを運営しているそうです。(LINEで質問したことがあります。)

 OEMの初心者くらいにここで育ってもらい、コンテンツの中身や寺田さんが信頼できるかどうかを その間に判断してもらい納得した人だけがスクールを受ける。

まだ、彼の話を聞いてるわけではないですが、結構真っ当なことをされているなと思います。 昔の話を見ると、「切り取るだけで自動で儲かる」みたいなLPで商材?売ってたりとかなかなか胡散臭いこともしていたっぽい。 f:id:onceyoufall:20180630202016p:plain 
でも最近は僕が推測するにかなり真っ当な方向にシフトしているっぽいですね。

「寺田 中国転売」で調べてもただディスって別商材に誘導するテンプレ記事しか見つからなかったので書いときます。 こういう中立的な記事はなかなかないので参考になればなと思います。

ちなみに彼は中国OEMのセミナーを開催しているので僕も7月受けてみる予定です。 こういうの見ると過去は過去、今は今って思います。
与沢翼さん
も一時期色んな意味で話題になりましたが 今はyoutube見るとわかりますがマインドベースでかなりいいこと発信されています。

スマホケースの販売が伸びる

無料コンサルを経て、「リサーチしっかり重ねて、仕入れれば儲かる」とう当たり前っちゃ当たり前のこと でも大事なことを再認識。 かつ、スマホケースの情報ももらったんで売ってみることにしました。

 Amazon売上げランキングで上位に来ているスマホが当時、発売したばっかのZenfone5。 これを転売仲間から教えてもらった商品の売れ行きが簡単にわかるkeepaを使いつつ探すことに。

10日で220個販売。44万円の売上

f:id:onceyoufall:20180630192005p:plain Alibabaから仕入れたスマホケースを相乗り出品。最初は100個仕入れてみましたがたしか6日で売り切れた。 ちなみにこれは売上点数のグラフ。 f:id:onceyoufall:20180630192124p:plain 
ここらへん。 やべえやべえということで再度仕入れ。今度は140個仕入れ。 f:id:onceyoufall:20180630192201p:plain 
また1週間も持たず全部売れた。。。

スマホケース転売でわかったこと

  • スマホケースがめちゃアツいこと
  • ブランド名あるのに商標登録なし、ロゴ無しの実質ノーブランド品の相乗りがアツい

実質ノーブランド品の相乗り出品がクソアツい

昔は、ノーブランド品の相乗りが激はやりしてましたよね。 今はそれがなくなって、ノーブランド品にロゴを付けて自社商品として売り出すOEMが流行っています。 同じような商品が別物としてたくさん出品されていますよねw f:id:onceyoufall:20180630205151p:plainf:id:onceyoufall:20180630205215p:plainこんな感じw

面白いのが、多くがロゴも付いていないのにブランドを名乗っている 商標もとってない!そんな実質ノーブランド品がめちゃくちゃ多いことです。 僕はなんとなくここに相乗りしてみましたがAmazonからは何も言われない! だって違反してないし。 でも!!!!だれもそういう情報発信してないからほとんどの人やってないんです! これめっちゃ熱いと思います。 みんな「ノーブランド相乗りは終わった。時代はOEM」みたいな発信をしてるからです。

どっかの本で読んだけど、成功するならばみんなと同じ道を辿るのではなく 足跡が少ない道をいくことらしいです これはまさに当てはまるのかなと。

おすすめは日本語弱そうな中国セラーへの相乗り。 「Amazonに通報しますよ?」と脅しメールを送ってきますがなんの問題もなく販売できています。 ちなみに、こういう風に返すと効果的です。コピペしてぜひ使ってみてね。

○○様 お世話になります。

○○担当の○○でございます。

この度はお問い合わせをありがとうございます。

誠に恐れ入りますが商品以外についてのお問い合わせは、Amazonのサポートへお願いしています。

ページ下部の「ヘルプデスク」より該当の事項をお選び、お問い合わせいただければと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。 

こうすると、機械的で話が全く通じていない感がでます。以前、「Amazonルールはオッケーだからあなたに従いません」という徹底抗戦路線でやってましたがこっちのほうが効くと思います。

きっと、内容もほぼ読まれていないし意味が通じていないと思われ中国セラーも諦めると思います。 そして通報もされようがないので問題なく販売が可能です。強いて言うなら価格競争をされるくらい。

仕入先からFBA直送、友達から投資を受ける

いい感じに転売が進み始めてから、いろいろ試すようになりました。

仕入先からFBA直送をお願いする

まず、FBA直送です。Alibabaのセラーに頼むとFBA直送してくれるようになります。

FBAは、シンプルに"Can you do FBA?"と聞くといいです。
分かる人はわかってくれます。
これ、今やってるけど英語でそこらへんの指示が難なくできるのであれば よく記事で言われてる代行会社を挟む必要は全然ないなと思います。

また、ラベル貼りをなんと無料でやってくれるとこが多い。さすが工場や、これだけで普通は1枚20円するラベル貼りの原価が浮きますね。 なにより、中継を挟まないので仕入れのスピードが上がります。

ちなみに、僕はFBA直送をする前は、オープンロジという倉庫サービスを使ってました。 今もちょいちょい使っています。これはマジ便利です。

日々の物流業務をもっと効率的に。物流アウトソーシングサービス OPENLOGI

f:id:onceyoufall:20180701001404p:plain

倉庫に送ると、こんな感じで出庫が簡単にできる。
しかもAPI連携しているから、納品プランをFBAで作成すると 配送ラベルもバーコードも貼るのをそれぞれ代行してくれます 。
配送ラベル→50円、バーコード→1枚あたり20円
ここに送ってもらってからFBA納品。 僕は一度も商品に触らず(テスト発注や検品はしてますが)商品を売ってました。
ちなみにこれができるとあとはビジネスを安定化させるだけで世界中旅しながら暮らせるということですね。

FBA直送はいろいろ怖いだろうけど、以下を守れば基本問題ないですよ。

  • ImporterとReceiverを設定する 

よく、税金をAmazonの倉庫が払わない故拒否されるという話があります。
これはFedexとDHLでインボイスに設定できるImporterとReceiverを書いてもらえば問題ないです。

Importerは輸入者。ここに自分の家や会社を記入。
ReceiverにAmazonの倉庫の住所を記入する。
これで税金の請求は自分のもとに行くようになり無事に入庫できます。
ちなみに、今まさに中国業者からFBA直送をお願いし、FBA小型プログラムを使い埼玉の倉庫(倉庫コードはVJUN)に入庫しようとしてるのですが なんかFBA担当の運送会社がうまく納品できずトラブっているようです。
これはどうなるのか...また別の記事で書こうと思います。

友達が投資をしてくれた

僕には、株で500万を溶かして3000万にした人やFXで200万稼いだりアフィリエイトで1000万稼いだような なかなかぶっ飛んでいる仲間が周りにいます。

関心事も価値観も非常に合うため仲の良いグループとしてやっているのですが 自分がやっている転売の話をしたら、非常に興味を持ってくれたので 自分のリサーチにつかうスプレッドシートを見せ予想利益を説明。結果なんと投資してくれました。

友人3人が投資してくれて、A,B,Cとすると Aくんが10万円、B・Cくんが5万円ずつ。合計で20万円の投資をしてくれました。 投資とは言うものの、じゃあどう利益返せばいいのかはちょっと悩んでは居ますがw 当時はリサーチした結果儲かることがほぼわかっていながらお金だけない状況だったので それを解消してくれた彼らには感謝しています。 このお金で今様々なものを仕入れ、どんどんビジネスを拡大しようと思ってます。

気づいたこと

ここでは気づいたことや豆知識?的なものを書こうかなと思います。

中国では雑談もビジネス

中国のセラーとやり取りするとき、wechatでやり取りを求める人が居ます。 今、女性2人とやり取りしてますがどちらも雑談好きw お互いの国について話したり、Amazonのビジネスについてとか あとはさっきはフランスvsアルゼンチンの試合を応援しているそうでサッカーの話題になってました。

本業の職場にいる中国の方に聞いたら、中国では飲みとか雑談を通して互いを知り 信頼できるような間柄になりビジネスをしたいと思うようです。 つまり、雑談もビジネス。面白い国だなー ちなみに、休みでもwechatボンボンきますwレスもはやい。 f:id:onceyoufall:20180701012657p:plain 

どうやらパブリックビューイング?みたいのをしているみたい。 f:id:onceyoufall:20180701013011p:plain 

中国に行ったときにwechatpayがめちゃ便利ですごかった!という話をしているときの一コマ

あと、こういうとこで雑談する人は結構信用できるんじゃないか?と思ってます。 他愛もないことを話すほうが打ち解けて、いろいろ相談しやすくなる。 実際、仲良くしているセラーと話してたらOEMが100pcsからできることがわかったり。 無駄に見える雑談、実はとても合理的。楽しくビジネスできるし素晴らしいな。

こういうのもあるので、ぜひ商談はwechatでやることをおすすめします。 楽しいですよ!

英語スキルがめちゃ活きる

友達にaliexpressを教えたときのこと。

商品が届かず困っている彼が僕に相談してきました。 僕は早速セラーとやりとり。そのときに彼が 「すげーな」といってたんです。 どこがすごいかというと、トラブルを解決するコミュ力 そしてそもそもの英語を打つスピード。

これを聞いたときなるほどと思いました。 僕は洋楽が好きで中高生のときは歌詞を印刷し家で歌ってたりしていて 英語はかなり得意でした。大学でも英語は最上位クラス。 なので特に抵抗はなくなってました。

そうすると、仕入れのときの交渉とかがめちゃくちゃ楽なんです。 まず、コンタクトを取ることに面倒くささを感じない。 僕は第三外国語でロシア語を持っていますが、初心者レベル。 もしロシア語でコンタクトとれって言われたら辞書を見ながら言いたいことを言わなきゃいけない。 帰ってきた言葉もいちいち辞書を開かなあかん。 すっごいめんどくさい。

これ、英語も同じことが言えると思うんです。 もし単語力も文章力もなかったら英語での交渉が非常に億劫になっていたと思う。 今はgoogle翻訳でなんとかなりますが、全く何言ってるかわからないで それだけ使うのってやっぱり怖いですよね。

なので英語は大事だなという話。 ちなみに、僕の会社は福利厚生でDMM英会話ができるのですが あれめっちゃいいですよ、何がいいって優良な教材が使えるんです。 あれで英語のレッスンを毎週4コマ合計100分やれば一ヶ月で効果を実感できます。 おすすめ。

ちなみに、英語は文法が正しい必要はありません、 伝わればいいです。僕もその気になればちゃんとした文章は書けますが 基本仕入れではスピード重視で会話してます。

今後

さっきalibabaを通じて知り合った工場仕入れ先と話をしていて、OEMが100パックからできることを知ったので ロゴ作ってOEMも始めてみようかなと思います。

smashinglogo.com

www.777logos.com転売仲間から教えてくれたこのサービスのどっちかを使おうかな。 そういえば、日本語の商品画像を作るためにフォトショもはじめました。

そんな感じ!!!すごい長くなった気がする。 参考にしてねー

案外、転売を拡大するのにコンサルはいいかもと思った

転売でコンサルティングを入れることについて

 

コンサルティングを受けること

今まで独学で中国転売をやってきました。しかし、最近ではコンサルティングを受けてみようかと考えています。

コンサルティングを受けるには、だいたい費用として、一か月数万から十万程度かかります。ピンキリですね。

すごく大きい額というわけではないと思いますが、決して安い金額でもないので、依頼したコンサルタントからの助言が成功につながるかどうか、間違っているかどうかの判断が難しいこともあり、どうしても慎重になってしまいます。

私は、与沢翼さん、小玉歩さん等の派手なLP にて、“簡単に稼げる”みたいな広告をよく見ていました。そのためこういったコンサルティングにお金を払って、何か情報を得るというものに対して、私は懐疑的なタイプだったのです。ですが、今回は、コンサルティングを受けてもいいかなと思ったのです。

 

コンサルティング選びの困る点

コンサルティングを受けてみようと思ったものの、コンサルティング選びをする際、一番困ることは、結果情報がつかめないことです。

例えば、コンサルティングを調べて、コンサルタント○○さんのコンサル情報のようなものがあったとして、それを調べても、なかなか評判が出てこないんですよね…

金額が大きいっていうこともあるんでしょうけど、口コミがあった際に消してるのかな!?

というような‥自分で作っているなっていう、ブログの記事が出ていたりして‥とにかく胡散臭い。

ということで、なかなか信じていませんでした。ただ、コンサルティングを受けるメリットがあると、今は感じています。

 

コンサル受けてもいいと思ったきっかけ

効率的に成長する

まず一点目が、時間を効率的に使うため。既にあるノウハウっていうのを、いちいち自分で発明しなくていいなっていうことです。

掛け算と足し算の話にするとわかりやすいかな、と思うんですが・・

例えば、足し算と掛け算を合わせると、より大きな計算(答え)がすぐできますよね。

ただ、足し算だけだったら大きな計算ってできないじゃないですか。

足し算の計算をものすごく極めて、どんなに早く出来るようになったとしても、掛け算を知らない時点で、大きな計算に対しても圧倒的なディスアドバンテージになりますよね。

どういうことかというと、掛け算の方法を分からない状態で、足し算だけを試行錯誤した結果、自分で掛け算の手法を見つけ出して大きな結果(答え)をもたらしたとします。

足し算を極めてから1年、2年後に掛け算を見つけて、掛けた結果を出しました!と。

でもそれって無駄だと思うんです。掛け算という方法がすでに確立されてるならそれは聞いちゃえばいい。

答えがすでにあるものをいちいち自分で編み出すよりも、答えがないものを考えることに時間を使ったほうが効率的だと思います。

私は、(自慢とかではなく‥)情報収集能力や集めた情報から新しい情報を見出す力には自信があり、情報と情報を結びつける、そういったことが結構得意です。なので、手法をいろいろ見つけだせるかもしれない、けれど、もともとある手法を時間かけて見つけて知ることって絶対に時間の無駄と思うのです。

中国転売等の関係は、おそらくですが、常に新しいサイトができたり、新しい売り方が更新されたり、そんな中で、ヤフオク、メルカリ、 Amazon をはじめとして、ネットマーケットのルールも常に変わっていくので、常に情報収集しなければいけないんですね。

自分で試行錯誤してやっていくのもいいのですが、すでに発見された情報がすでに溜まっているコミュニティがあるのであれば、情報を一気に共有したり、取ったりした方が、手取り早いですよね!

そこから情報を取った後、まだ誰も考えてない部分に、時間をかけてノウハウを見出す、そういう時間に使うことができるのであれば、効率的だなーって思ったのです。

信頼できそうと感じた

2点目は、信頼できそうだなと感じ始めたことです。言い換えれば信頼できそうなコンサルタントを見つけたことです。

私は、今まで何か面白いなと思った中国転売の記事等、メルマガ購読をしていました。ですが、メルマガなんてあまり読んでいなくて。

ただ、今日“完全自動で稼げます”というような普通に聞くとすごく胡散臭い情報を、結構信頼できる情報を発信している人がしていたので、メルマガを見るのはタダだし‥と思い、内容を見てみました。

 

“ゆうきさん”っていう方がいます。実は、私は“ゆうきさん”という方のブログは以前より、ちょっと気になっていたのですが・・ YouTube で彼の対談を見たのです。

 

その対談が思ったよりも具体的で地に足がついていたんです。

コンサルティングを受けたところで、稼げる額は、人によって違うんですよね。

月収12万だったり45万だったりするんですけど、対談内容の一部は、話している内容がいいことばっかりっていうわけではなくて、普通にその人のサービスを受けた率直な感想が入っている感じでした。

例えば、“最初会った時の印象としては、すごい言葉足らずな人だな‥って思ったんだけど、実際にアドバイスを親身になって行ってくれた”とか。

 

他にも、私が不審に思っていた部分についても対談で話していました。

例えば、なぜ“完全自動で稼げるよ”っていうのに、コンサルティングを入れるのか。それは、仲間を増やすためらしいのです。自分一人でやるより、何でも人と一緒に集まって行った方が、より大きなことできるわけですよ。そういった仲間ができるって言うのが、メリットになるわけです。

あと、なぜ無料ではなくて、有料にするかという点。それは、有料にしないと、やる側も本気になれないからのようです。

もうすでに、売上の3%をマージンっていう形で、コンサルティングをやったこともあったみたいですが、その人は、レスポンスも遅いし、連絡もなかなか取れなくなって、結局教えたところで、結果が出せなかったようです。

やっぱり払ってもらわないと本気にならないんじゃないか、っていうのがあり、そういうことをしているらしいです。

その対談を聞いていたら、納得することが多くあり、何より私のような人も、コンサルティングを受けていたんだなっていうのが分かりました。

自分で中国転売をやっていて、事業が伸び悩み、コンサルティングを受けたみたいな人がいたということ、そのコンサルティングを実際に受けている人の中でも、お金を払っていたとしても、何か強く言われないとなかなかやらない、そもそもレスポンスすらしない、返信しないって人もいるんだ、ということを言っていた時に、実践コンサルタントをやっていた人が、お金を払った人がしっかりとコンサルタントの助言を活用していない事って、本来、口に出したくない部分、出してはいけないはず・・ですが、そういうことを、フラットに正直に言えるって言うのは、自分のサービスや、自分の提供するものに、価値を置いていて、自信があるからなのかなって思いました。

その対談動画を出していて、何より Facebook にも出ていて、この人、もしかして信頼できるんじゃないかな!と思ったのです。

信頼できると思うと、信仰者のような、いわゆる与沢翼さんや小玉歩さんの“完全寝てるだけで稼げる”みたいな、そういったプロダクトローンチ型の商材は、いかに真面目にやっているコンサルタントの人たちのブランドの足を引っ張っているのかな、という風にも思いますね

 

この2点が、コンサルティングを受けてみようと思ったきっかけです。

コンサルティングを考えたことから見えたこと

コンサルティングを受ける、受けないにしろ、実際にこういう事業をしている人たちの話を聞くと、稼いでいる人がいるんだって分かると、やる気が出てきました。

私のような、正直、休日はゲームしてしまうし、ほぼ引きこもり気味で何もやらず、生産的なことも何もしたくないタイプですが、実は、好奇心があるみたいなタイプでもあるのですが・・実際に事業をしている人の話を聞くと、すごくやる気になりましたし、そういった意味で、自己啓発としても、いいんじゃないかなって思いました!

自己啓発マニアもいるらしいですが、啓発された後は、少なくとも短い時間でも、実際にやる気が出て、何か生産的な活動をする時間が生まれるのであれば、引きこもって家でゲームしてるよりはよっぽど有意義なんじゃないかな、と思いました。コンサルティングを考え、いろいろ調べてみると、成功者や実際に努力している人を見て、やる気が出ました。

 

音声記事入力は便利

最後に、余談ですが・・

まずは、やってみたいことを音声入力をしてみました!とりあえず音声入力の精度が半端なくて、びっくりしてます。今回は、この音声入力データをそのまま、試しに、ランサーズもしくは、クラウドワークスに出し、見出しをつけ本文を整えてもらい、ブログの記事にしてもらう、というのを依頼してみようかなと思います!

テストとしてですが、喋ってるとついつい使っちゃう倒置法とか日本ならではの用法がいっぱいあるわけじゃないですかで、喋るのも慣れていないですが、そういった文章を見て、整えるのを、外注できたら‥もう私は喋っているだけですし、すごく楽なのかなと思います。

 

 

ここまでをlancersに300円で外注したわけですがなかなか楽だなと思います。

と言ってもこの記事を録音したのは3ヶ月くらい前ですがw

今後も、思ったことを発信しようと思います。

 

ちなみに僕は結局まだゆうきさんのコンサルは受けてないです。

まだ資金がないのでコンサル代も出せるようになった段階でお願いしようと思ってます。

コンサルってどうなの?っていう視点、まだ受けてない人の視点の記事って全然ない気がして書いて見ました。

でもやっぱり結構悩みますw

また時間できたら次は物販における英語能力の大切さについて話したいなと思います。

勝利完結編:ノーブランド品をAmazonで相乗り出品してたら中国セラーに抗議された話(10/28現在進行中)

8以前記事で書いた中国人せらから相乗り出品していたら抗議された件ですが、結果勝つことができました。

最後に、相乗りいちゃもんつけられた際に送れる定型文もつくったよ。

先に言わせてください。

ロゴがない商品に相乗り出品するのはOK!脅されても気にするな!!!

 

cospapeple.hatenablog.jp

 

Amazonサポートに確認

Amazonテクニカルサポートに相乗り出品するのはいけないかどうか尋ねた結果、Amazonから警告がない限りは特に修正しなくてもよいということでした。

f:id:onceyoufall:20171028182808p:plain

やったね。

あと、どうも文面を見ると、一発BANというよりもAmazonから一度警告が出るようですね。

一発BANですよみたいなことを中国人セラーはちらつかせてたのですが嘘ですね。

 

中国セラーはブランド申請は一応できてはいるものの、製品上にロゴが一切なかったしいろんな工場で生産されているOEMモデルなのでAmazon規約上ブランドを主張する権利は一切ありません。

私は既存ページで同一商品を出品しているだけなので何も違反をしていません。

 

なので中国人セラーにはアマゾンサポートとやり取りしたチャットのスクリーンショットを添付しつつ

・正式に問題がないということを教えてもらえたのでそのまま出品します。

もし問題があるならば個別にAmazonに個別に連絡してくださいと書きました。

 

すると数日後以前と全く同じメールのコピペが届きました(笑)

以前と全く同じアマゾンでのアカウントをちらつかせ自分の利権を確保しようとするメッセージ。こんなことしてる暇あったらいい商品出せばいいんじゃねw

 

僕はシンプルに定型文のようにこう返しました

f:id:onceyoufall:20171028183139p:plain

もし私の商品に問題があるならAmazon直接ご連絡ください。

これ以降返事は来ていません。

 

嘘がバレた直後、価格競争で抵抗

晴れて問題なく出品できることがわかり出品を続けていたら、次は

私の価格に抵抗してきました。

 

私の出品してる価格よりも100円だけ安い金額で出品してくるようになりました。

私が違反行為してるならそんなことしなくても、通報して私を削除すればいいのに。

つまり、相乗り出品は権利侵害だっていうのは嘘だと認めてるのと同じですねw

せこいw

コンビニ払いで大量買いの嫌がらせ注文攻撃

ある日売上を見たら注文が一気に5個入ってた。

そして在庫は0に。明らかに怪しいなと思った。

全てコンビニ払い。

確証はないけど、支払い保留にしてその間販売できない戦略だと思う。

ほんとせこい。

AmazonサポートにキャンセルしてもらえばOK

Amazonサポートに連絡、今までの経緯を説明して、中国人セラーの嫌がらせかもしれない、キャンセルお願いします。と言っておいた。

結果無事キャンセルされました。

 

一気に価格を下げ追い出し

それでも続く価格競争。

ぼくは価格競争がめんどくさかったので一気に開ける最低の値段まで下げました。

すると次の日出品一覧からは中国人セラーが消えていました。

価格競争で勝てないと思ったのでしょう。

私は意図せず中国人セラーを商品ページから追い出せてしまいました。

面白いのが私はその商品の中の一部の色の商品しか出してなかったの、中国人セラーは僕が価格を下げるや否や他の色も一気に出品をとり下げたんです。

 

僕は結果、そのページで商品を独占販売できることになってしまった。

なんということだ。ラッキー

ロゴが無いのにブランドを主張してくるやつは大嘘つき。

多分、中国転売するとこういう奴らが増えてくると思います。

個人的な考えだけど、日本人はこういういちゃもんに泣き寝入りする人が多い印象。

ブログでも大事を取って出品を取り下げるなんて人もいました。

 

ググっても情報がない。

セラーフォーラムで同じ問題にぶつかった人が議論してたけど

結果どうなったかは書いてなかった。

だから今後はこの記事を読んで一人でも泣き寝入りする人が減ればいいなと思う

 

相乗りいちゃもんセラーに送る文章作ってみた。

以下に載せときます。もし同じような目にあったらこれ使ってね。

Hi. According to Amazon rule,you don't have any brand which means I can sell my product on this page.

If you have problem contact Amazon yourself.

I DON'T OBEY YOU .JUST CONTACT AMAZON YOURSELF.

 訳すると、

Amazon規約によると、あなたはブランド持ってません。

よって私はこのページでまだ販売できます。

問題ある場合Amazonに連絡してください。

あなたには従いませんので、Amazonに連絡してください。

 

こんな感じ。

おそらくAmazonはルール違反してたら警告してくれるし一発BANはないと思う。

クソみたいなズルをする中国人セラーには断固対抗しよう。

 

もし質問などあればtrackeverytime@gmail.comにどうぞ

 

 

 

 

 

副業として中国転売やってる僕が辿った1年の道

月売上5-10万くらいのクラス。

僕は今、Amazonで中国の製品を売っている。

ちなみに月商は行って5-10万程度のまじでへっぽこ。

※転売を知らない人はこれを謙遜と思うかもしれないが、これがへっぽこなくらいには奥深い世界です。まじで。

Amazonに出品するってしたことないひとには全然馴染みがないと思う。

まずやるならメルカリとAmazonの往復だと思う。

 

ここでは転売初心者の人に、転売初心者の僕が独学でどんなふうにAmazonにいきついたのかを紹介する。

 

流れ

大まかな流れはこんな感じ。

1.Aliexpressでスマートウォッチ仕入れてメルカリで売る

2.Aliexpressでスマートウォッチ仕入れヤフオクで売る

3.儲けた金でAlibabaでスマートウォッチ100個仕入れAmazonやメルカリ、ヤフオクで売る

この三段階。

 

簡単なことから小さく始める

もし転売を考えてる人がいたら最初に言いたいのはやっちゃえということです。

リスクなんて、まじでないんだから。(大げさではない!!!覚悟しろという意味でもない)

転売の最もいいところは0円からでも始められる。

Amazonで売ってる商品を

f:id:onceyoufall:20171010002710p:plain

メルカリに出して、売れたら買えばいい。

f:id:onceyoufall:20171010003438p:plain

リスク0。

僕はこんな感じで小さいことから少しずつ始めた。

(ちなみにこれ、まだ売れるよ。flevo。AmazonPrimeなら送料無料だからね。)

 

きっかけ

叔父がスマートウォッチをある日くれた。おみやげみたいな感じだった。

それは少し妙だった。どこにも品番もバーコードも書いてなかったのだ。

しかし、確かに使えた。

そして一年後、なぜかそれがすごく気になって検索しまくって見つけたのがこれだった。

f:id:onceyoufall:20171010003847p:plain

U8というスマートウォッチ。

そして、なんとなしに僕はメルカリで検索してみた。

めっちゃひっかかった。しかも、めちゃ高く売れてるではないか。

f:id:onceyoufall:20171010003956p:plain

 

そりゃそうだ。

これを売っていたaliexpressというサイトはalibabaが運営する外人用の中国製品を売るサイト。

英語オンリーで買うためにはクレカが必要。知っている人も日本には少ない。

言語の壁と日本でのマイナーさが価格差を作っていた。僕はこれにめっちゃワクワクしたのを今でも覚えている。

僕は早速試しに商売をすることに決めた。

その時の記事がこちら

 

cospapeple.hatenablog.jp

 

 

ちなみに、なんで副業始めたかって言うとまとめると以下の一行に要約される。

・ゲームみたいで楽しいのに、お金が稼げるのでやりこんでも虚しくない!

 

Aliexpressとメルカリ

商品説明や画像ぱくって、ちょっと安くする

まずはaliexpressで仕入れるわけなんだけど、最初は一個だけ仕入れた。

そして、家に届く時間を見計らいメルカリで出品。

正直言うと最初は説明文かなりぱくりました。8割くらい。

そして、他出品者よりちょっとやすくしたら普通に売れました。

そりゃ価格だよね。

※でも後に僕はこれをかなり改変しました。

そして今ではパクられるほどにwそしてパクられない方法も見つけました。

これもまた書くね。ざっくり言えば保証をつけるってこと。

 ヤフオクで売る

なんとなしにヤフオクで調べてたらすごいものをみてしまった。

f:id:onceyoufall:20171010010634p:plain

ヤフオクではなんと1万円で売れているではないか...

 

定価がない→みんなの入札で値段が決まる

この商品、品番が知られていない。相場感がないのだ。

iphoneなら定価は8万円くらいだから中古は6万円。

物の値段は比較で決まる。しかし、この時計は中国のもの。品番も知られていない。

だから値段を決めるのはみんなの入札。

だからこんなミラクルが起きるのだ。

ちなみに、これ原価は当時1800円。Hooo!

 ※この原価ものちに1600円→1200円→800円とどんどん下がっていく

Aliexpressで一括仕入れを開始。ヤフオクで1円出品の日々

1600円が23800円に

僕も同じ商品をもっときれいな画像をググって、商品説明文をとにかくこって

出品しまくった。結果色んな人に入札されるようになった。 

最高記録は即決価格に設定していた23800円。あのときは本当に驚いた。

Aliexpressでプチ一括仕入れに挑戦

そして、aliexpressでは販売者に交渉をするようになった。

中国から仕入れると届くのに時間かかるのでDHLやFedexで送料込みで

いろんな会社と比較して競わせた。

これ交渉中のチャット。↓

僕は元から英語はすきである程度できるのでこんな感じだけど今はGoogle翻訳を使えば日本語→英語はかなり精度の高い訳ができると思う。

 

ヤフオク複数販売へ→単価の低下&商品文パクリライバルの大量出現

ヤフオクでは1つの出品で一度に10コまで売れる出品方法もある。

これを5個でやって見た。

結果、一個当たりの単価めっちゃ下がった。ひどい時は1100円に。 

しかも、それに拍車をかけるように僕の紹介文を丸パクリしている出品者も大量出現。

元はといえば僕もパクっているのでまぁこれは仕方ない。

 

操作サポートと初期不良対応をアピール

元から僕は操作方法質問された時にしっかり質問に答えていた。

しかも複数仕入れをしていたのもあり、しっかり初期不良は無料返品交換してた。

よく考えると、転売ヤーでこんなことしてるのいないんじゃね?と思った。

みんなただ僕の文章パクってるだけなんだから。

しかも、これを文章に入れたら絶対にパクられない!

だってみんなめんどくさがってしないでしょw

 

「これAmazonでいいんじゃね?」

複数売るようになってから思った。

値段も大して高くならないしAmazonで売っててよくね?

これで、AmazonFBAで売るようになった。

同時に、Alibabaを使うようになった。

この時初めて時計を100個仕入れた。

さすがalibaba、BtoBは値段が違った。一個当たりの値段はなんとたった600円だった。

ここに送料諸々含めても800円。おっそろしくやすかった。

偶然やったFBAの経験が生きた

僕はちょうど前の会社の転職活動中に、ある会社でインターンをしていた。

そこはアプリの会社だけどキャラクターグッズをイベントの手伝いで売っていたらバカ売れしたので僕はAmazonに売ろう!!と進言。

ブランド登録からFBA出品まで全部やっていたのだ。

ちなみにその商品たちは今もAmazonで売れてる。

だから大体の流れは知っていた

 

一日多いと3こ売れる。勝手に発送してくれる。楽。

AmazonFBAは倉庫に商品を預けたらあとは勝手に発送なりなんなりしてくれる。

すっごい楽。

多い時は一日ぼーっとしてても3こ売れる。

しかも絶対値段は決まっている。アァ嬉しい。

 

この調子でAmazonで新規出品しよう

今はまだすでにあるページに安く出品するいわゆる相乗り出品しかしていない。

だからこれからは新しくページを作って出品をする予定だ。

っていう時に、中国人セラーに「うちらのページで売るな!!!」とキレられた。

 

cospapeple.hatenablog.jp

 

まとめると!!

・スマートウォッチを知る

・Aliexpressで買ってはメルカリで売る

ヤフオクで売るようになる

ヤフオクで複数売るようになる

Amazonで売るようになる

 

こんな感じ!少しずつ複雑なものに挑戦していった結果、特に苦労せず

Amazonこなせるようになったよ。

ちなみに勉強はもっぱらみんなのブログとか読んでた。

これを書いてるのも、今までいろんなブログにお世話になったから。

あと、はてブとかでバズると嬉しいから。

 

そんな感じ!参考にしてねー

ノーブランド品をAmazonで相乗り出品してたら中国セラーに抗議された話(10/28完結)

タイトルの通り。

みたところ、フォーラムでもこの件は議論されてるみたいなんだけど

どうも結果どうなったかがようわからんので僕が実際に確かめようと思う。

 

もとより安く出品したら怒られた

経緯 

・あるアイテムをすでにあるAmazonページにデフォ価格より100円安く出品。

※そのアイテムはalibabaでいろんな工場が作っているOEMもの。

・7日後、もとのページ作成者から抗議が来る。

以下のような内容。

Please stop selling the products of our company within today. If you don't deal with it within 24 hours, please wait for the complaint --- 元のメッセージ --- 購入者があなたのストアの商品についてメッセージを送信しましたが、商品の配送、またはAmazon.co.jpサイト以外でトランザクションの実行をうながすようなリクエストは受け付けないでください。

 中国業者:「うちの会社の製品売るのやめて。今日中に対応しなかったらAmazonにチクるからね!」

 

ちなみに、 ブランドロゴは一切ない≒ノーブランド品故出品は問題ない。

 

Amazonで同じページ上で商品出品しちゃいけないのって

ロゴとかついてる完全オリジナル商品と別のものを売ることなんだけど、

この商品にはそんなロゴとかはなかった。

 

Amazonで大口出品者が怖いのはアカウント停止とか閉店。でも、そのページはなかなかに人気があったので僕は売っていたかった。

そして違反もしていない。こういうとき、焦らないのが大切と思いまずは返信しました。

I read amazon selling rule. And I see no mistake here. I will contact amazon to confirm if it's wrong to sell OEM product which have no logo. (I see no logo on your watch which means you have no brand)

 「アマゾンの規約見たけど特に違反してなさそう。一応アマゾンにOEM商品に相乗りしちゃいけないか確認するね。(御社の商品、ロゴないですよね。)」

 

17:40にお問い合わせが来て、※ちなみに「購入者から」となっていたので僕の商品を買ったらしいw

ぼくは18時に返したんだけど今は夜12時。まだ返信はない。

中国セラーが席巻するAmazon Japan

最近、中国の工場がFBAに品物を直送する業者が増えてきている。

で、彼らの多くはノーブランド品をブランドものとして売っているみたいだ。

※ここでいうブランド品とは、ヴィトンなどのものではなく商標があり

その会社のオリジナルのものであることをいう。

 

で、そこに相乗り出品するのはAmazon転売マンたちにとって常套句。

だからこんなやりとりもしょっちゅうあると思うがあまり個人の人が情報を公開してないのと、結末がわからないので書いてみた。

閉鎖されようと、大丈夫だろうと続きを書こうと思う。

 

お楽しみに

 

完結しました

 

cospapeple.hatenablog.jp

 

本を読む際には、学んだことをメモした方がいい

読書目的が自分自身の見識を広めるためであれば必要。 

本を読む際、スピードにとらわれてはいけないし
読み終わることにフォーカスしてもいけない。

目的が見識を広めることなのに、
早く読むことばかりに意識が行けば学びはほとんどなくなる。
だからたとえ本が進むのが遅いからと焦らない。
そもそも新しい情報を吸収して自分で使えるようにするのは時間がかかる。

外国語やスポーツがいい例だと思う。
どちらも繰り返しをし、自分の身にする必要がある。

これは情報と同じだと思う。
本で得た情報は大抵以下のステータスのどれかになると思う。
・聞いたことがある状態
・知っている状態
・使える状態

この三個の状態は別物で、下に行けば行くほど有用性が高い。
本を読みきるだけだと多くの場合が一つ目だけの状態で終わってしまうことが多いと思う。

これは難しい本を読みきったときに起こりがちだと思う。

読み切ってしばらくしてしまうと、何を書いてあったかも忘れてしまう。
僕も、マルコムXヒュンダイ創業者鄭周永の本を読んだりしたが
その詳細の内容は忘れてしまった。

詳細内容に学びが詰まっていることが多い

本の中であった具体的な出来事に自分の見識を広げるヒントが隠されている
パターンも多いように思う。 

例えば、僕はマルコムXの本を読んで、
アメリカで起こっていた白人による黒人への差別は、
イスラエルでは一切起こっていないことを学んだ。 
彼らはイスラム教という宗教でつながっていて、肌の色が気になることはなかった。
血液型や性別、身長のような人の個体差の一要素と捉えられていたみたいだ。

彼らにはむしろ言語の違いのほうが気になりやすいらしい。


こういうことを学ぶと社会における差別はその文脈に異存するということがわかる。
もし、これから先職場や友人、もしくは社会全体で派閥争いがあったときに僕はこの知識を当て嵌めて理解しようとするかもしれない。


というように、学びを自分の中でも使えるようにすると
普段の生活で見聞きすることにその学びを使えるようになる。
 
これが僕の考える見識が広がるということだと思う。 

ゲームにも似ている。 
ゲームで火を燃やす呪文を覚えたとする。
そして、木を切る方法も学んだとする。

それを組み合わせれば薪を作ることができる。
このように、自分の中で使える技を増やすというのが僕の考える、見識を広めるということ

脳内で親和性の高い情報に落とし込むことが大切

読書をする際、新しい情報を得る際は脳内の中で親和性の高い状態にすることが大切だと思う。

方法は色々ある。
外国語のように繰り返して覚え込む方法もあるし、
自分だったらどうするかを考える方法もある。

セミナーで得た新しい情報だったら自分の会社でどう使うかを考えるとか。
僕がすすめるのは、タイトルに有る通り本で学んだことをメモすることだ。


本では学んだことを必要に応じて書いておく

目的は2つ
・学んだことを使える状態にする
・あとで見返せるようにする


学んだことを使える状態にする

これは
「知っているだけの情報」を「使える情報」に変化させる作業だ。

先述したとおり、本をただ読むだけでは、「情報を知っている状態」
で止まってしまう。

その状態だとせっかく使える場面ができても、その情報を活かすという発想が出てこなくなる。
 
自分の言葉で何を学んだか、そして特に自分はその情報をどう使えそうと思ったかまでを書いておくと、その情報は脳内で限りなく親和性が高くなる。

そして、情報が脳から取り出していつでも使える状態になる。

あとで見返せるようにする

エビングハウス忘却曲線があるが、あのように学んだことは日に日に忘れてしまう。
仮にそれが脳に溶け込んでいても
使わない日が重なれば重なるほど、せっかく得た情報は脳内から出ていってしまう。

しかし、自分が学んだことを簡潔に書いたものがあればあとはそれを読み返せばよいだけになる。

そしてそれは自分の思考回路で書かれた自分ならではの文体になる上、
かいた時の記憶が残っているので、
他人の情報よりも読みやすい。
そして一度学んだことなので脳への入り方が半端じゃなく速い。

まとめ


自分が学んだことを自分がわかるように、そして学びたいことや目的に応じて情報を適宜加えれば
ただ読むよりも学びが最大化されると思う。

お金があれば、電子版も紙版もあるのが理想かもしれない。
やはり本を読むときは紙のほうがあたまに入りやすい。

しかし、仕事をしながらそれを参照したい場合はKindleの電子版で目次と本文を参照しながら読むのがいい。

ネットで記事を漁るように調べられてあれはすごく便利だ。

あと、ツールを知るのではなく
目的を持つのが大事。
そのためには疑問を持ち続けること。
その疑問を解消しようとすること。

一言で言えばめんどくさいをそのままにしない。
楽するためにそれを探し続ける。
その習慣をつけるのは、性格によっては全く難しくない。
むしろ、楽しく感じると思う。

そして、そういう人が紹介したようなことをやるのに向いていると思う。

その心さえあればあとはどんどん自分で何かないか、効率化を探求し続けるはず