コスパpeopleブログ

自分がお得だと思った情報とか思うこととかを色々書く

【0.05btcから始められる】Welfunding!0.02btcキャッシュバックします。

※2/15 19:18更新 一人登録してくださいました!ありがとうございます!
キャッシュバックお待ちくださいませー

 

既にwelfundingを知っていて検討している人向けに書いています

Welfundingに投資しようと思っている方向けです。

キャッシュバックいたします。

 

 

http://welfunding.com/hightrees

 

このリンクから登録頂ければ0,07btc寄付のうち0.02btcをキャッシュバックします。

0.05btcから始められるのでとてもお得だと思います

 

私の知り合いで月1万PVのブログでもwelfundingへ15登録した事例もあるので

意外と集客はできなくないかもと思います。

 

キャッシュバックを受ける際は

コメント欄かonechancewei@gmail.comへ

【welfunding登録名】

【登録ビットコインwallet】を明記し送ってください。

 

ただ、登録された際に管理画面でその情報が出るので

基本的にはご連絡がなくてもこちらからキャッシュバックさせていただきます。

わからないことあればコメント欄やメールをどうぞ!

通常のリンクで登録するよりもリスクは少なめ。

この機会に是非どうぞ

 

よくあるご質問について

・自力で紹介しなくても稼げる?

YesともNoとも言えません。

他のサイトでは「放置でオーケー!」と言っている人がいますが

僕は放置で増えていません。

 

Welfundingはいかに多くの人が登録するかにかかっています。

登録者は自分から紹介者を増やす方法と

その上の人たちからの登録を待つ方法があります。

僕がこの記事を通してより多く多くの人が登録してくれるようになれば

その登録者は皆さまのもとに行きます。

僕は今これで1人が登録してくださり

他2人が検討中です。

 

今後もっと流行った場合にもしかしたら登録者は増えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

メルカリとヤフオクどっちも2回ずつ出品停止・制限になってわかったこと

 

f:id:onceyoufall:20160626011127p:plain

ドロップシッピングはNG。住所、銀行口座変えないとアウト。

ヤフオクとメルカリでスマートフォンドロップシッピングをやってたらBANされました。機種を変えてアカウントを作り直しても、BANされました。
その時にわかったことを書きます。

2016年4月に最初のBAN。メルカリもヤフオク

2016年の3月に転売を始めてから、利益が多くとれる商材を1個見つけて商売は順調でした。メルカリもヤフオクもどっちも安定して売り上げを稼ぐことができてました。

その中で売り上げを安定させる為、新たな商品の出品を考えてました。

そこで注目したのはドロップシッピングです。

アリエクスプレスというサイトから商品を仕入れて居たのですが

商品だけ先に出品してから注文が入った時に仕入先から商品を買うということをかんがえました。

これならば、リスクをとることなく売れる商品を探すことができるからです。

 

それはうまくいったのですが、始めて2週間程度経ってからメルカリがBANされました。

ヤフオクも同様に出品停止なってしまいました。

どっちも出品停止になった理由

理由は1つだと思います。

それは売ってる商品の単価が高かったということです。

私はその時に出品したのはスマートフォンです。

単価は1万6,000円程度。

ヤフオクの場合スマートフォンを売るときには機体固有番号を書くことが義務付けなります。

単価が高い商品にも関わらずそれがないとヤフオクで規制対象となるようです。

新アカウント作ってもどちらもまた停止になった理由

ちょうどその時にスマホの機種変更がありまして、メルカリにもヤフオクも新しいアカウント作ることができました。

 

しかしメルカリには始めて3週間程度でBAN。

メルカリの場合は売り上げの振り込みに使っていたカードが同じだったからです。

そこから紐付けが行われてしまいBANになったのだと思います。

 

ヤフオクも同様でした。

ヤフオクの場合は登録の際に同じパソコンから同じ住所で同じデビットカードを使っていました。

結果ヤフオクの出品登録をする際にすでに制限がかけられてしまっていました。

 

ヤフオクもメルカリにも住所や氏名などの個人情報や銀行カードの番号は違うものにしなければ情報が紐付けられて芋づる式にBANされてしまうようです。

アカウント削除は収益源を失うことと同意。ルールは守ろう

最初までbanされても簡単に復活できると思っていたのですが

・新しい電話番号(本人確認用)

・新しい銀行カード

 

この2つが必要になってしまいますので非常に大きな手間がかかってしまいます。

その間商品売ることできないので、大きな打撃なってしまいます。

 

結局Yahoo!もメルカリも瑠璃ははしっかり見張っているって事は2回ともBANになって分かりました。

 

今後は気をつけようと思います。

FBA転売は投資に似ている

f:id:onceyoufall:20160531012228j:plain

価格差を待つ

商品という資産を預け入れ、商品で資産を預けてそれを売れるの待つというのはまさしく投資に近いのかなとか思っております

安く買った株が高く売れるのを待つのと

安く買った商品を高く売れるまで待つというのはどちらも価格差が出るのを待つという点で共通しているのではないでしょうか。

Amazon転売は投機ではなく投資

これには賛否両論あると思いますが、そういう意味でAmazon転売の場合は投機っていう考えじゃなくて投資という観点でのぞむのがいいのかなって思います。

すぐに結果を出したいのであればYahoo!オークションで1円入札でも使えばすぐに売ることができますしね。

どこかそのYahoo!オークションだったりとか中古ショップとかでAmazonの商品よりも安いものを探してそれをFBAに入庫する。

でそれで普段は主要の商材を使って収益出し、

少しずつ少しずつそういうFBAに入れるもの増やしておく

そんなやり方ができると思います。

 

 

FBAは一度入庫してしまえばほぼ不労収入です。

これからもそういった収入を増やそうと思います。

転売で、海外で暮らす方法考えた

 

簡単に言うと仕入れた商品を代理で発送をしてもらい、売り上げたお金をほぼコスト0で海外に送金すればいいのです。

f:id:onceyoufall:20160529025836j:plain

①AliexpressやGearbestなどで商品を購入し、代行業者に届くよう設定。

代行業者はAmazon発送代行サービスであるFBAへ梱包やラベル張りを含めた発送手続きをする

③クレジットorデビットカード付きのネット銀行カードでビットコインを買い自分が住んでいる国へ送金する

④送金されたビットコインを現地の口座で現金化する。

こういった流れになります。

クラウドソーシングの台頭によりどこでも働けるように

最近はクラウドワークスやランサーズといった場所を選ばない働き方を可能にするサービスが増えてきました。クラウドワークスやランサーズには素人でも稼げるようなライティングの仕事がたくさんあります。

東南アジアであれば初期は100円あれば十分です。なのでいちにち3食と考えて300円あれば生き残ることができます。

転売の業務手順をアウトソーシングする

その中僕は最近smartWatchの転売をしている中でおよそ2,000円で仕入れた商品を7,000円程度でうることができています。5日で6個のペースで売り上げています。

ここで考えたのが、もし日本にいなくても、商品を日本の購入者に届けることが出来たら、海外で生活できるのではないか?ということです。

それはアマゾンの発送代行サービスを使えば実現可能です。

発送作業をクラウドソーシングで発注する

アマゾン発送代行サービスを使うためにはそもそも商品をアマゾンの発送センターに送らなければいけません。

しかし今はそれもクラウドワークスやランサーズで案件としお願いすることができます。

実際に生活をするシミュレーション

調べた結果固定報酬で5,000円1個50円で受注している人がいる事がわかりました。

もちろん送料別だと思いますがたとえばぼくがSmartWatchを月に20個得ると仮定します。

すると原価が2,000円売り上げが7,000円経費1,300円を抜くと74,000円が利益として残ることになります。

タイのような東南アジアでは1ヶ月6万円もあれば家賃含め生活することが可能です。

ビットコインを使った送金

これで、日本にいなくても売り上げが上がるようになりました。

次に立ちはだかる壁が送金です。

日本の口座にある金を自分が済んでいる国の口座にお金を送らなければなりません。

しかし送金は意外と費用がかかるもの。

手数料が100,000円あたり3,000円と小さくありません。

そこで使用したいのがビットコインです。

ビットコインはインターネットの仮想通貨で簡単に現実のお金と換金することができます。

このサービスを使うと手数料がほぼ0で送金を行うことができます。

10万円送っても11円しかかからないのです!

まとめ

仕入先、売上、発送手段、送金この4つが揃っていれば、

日本にいなくても生活することが可能です。

それどころか、梱包作業もしなくてよくなるのでほぼ不老収入を得ることができます。

まだまだ妄想の段階です。実際に発送代行を契約できるのか、そもそも今の商材が売れるのかなどまだまだ不安点はあります。これからも転売を続けこのような不安を払拭しようと思います。

BASEを使って、無料でネットショップを開設してみた

今日も音声入力使って書いてみました。

現在smartWatchの転売をしていますが感じるのがもっと多くのユーザーにアプローチしたいということです。

現在メルカリとYahoo!オークションこの2つでデ利益を稼いでいます。

しかしながらあまりリテラシーの高いユーザがつかめないなと感じます。

同時にどこかでSmartWatchを紹介する際に自分がウル場所を確保したいと思いました。

それで作ったのがネットショップです。

「ネットショップ 無料」で検索したところ、 

BASEという、無料ショップサービスがあったので早速登録してみた。

BASEは出店完全無料、購入手数料だけ3%かかる

タイトルの通り出店が完全無料です。

そして購入されたときにだけ3パーセントの手数料がかかります。

つまり利益がでない限りは自分が払うお金はありません。

 

これが非常にリスクが少なくトクだと思いました。

ネットショップを始めた理由

今回ネットショップを開始しようとした理由は、

YouTubeやブログの記事などで商品を紹介する際に

その購入場所として誘導できるな場所がほしいなと思ったからです。

ヤフオクメルカリモ出品していない限り自分のページを参照させることができません。

 

同時にページを持てるということは SEO 対策をしっかりすれば検索だけで集客できる可能性も見込めるということです。

ネットのサービスが増えている今、ユーザーの露出をいかに増やすかというのが大事だと思います。

メルカリもヤフオクもすでに獲得しているユーザにしかアプローチできません。

コンテンツ次第で露出できるアプローチできるユーザーが増えていく

ネットのサイトというのは非常に魅力的です。

今後どうするか

BASEはブログも同時にかけるのでブログによってSEOをとって

集客につなげることもできると思います。

今ノートとはてなブログを使ってるので、ここの連携をどうするかかんがえちゅうですが

今日的にまだユーザーをほとんど取れてないので同じコンテンツをノートにもはてなブログにもレースのブログにも利用しようとと思っています。

 

転売用スマホを見つけるならkimovil

 

※この記事はmacbookの音声入力を使って書いています

 

転売用スマホを見つけるのにぴったりなサイトを見つけました。

中国のスマホを転売する際にも非常にオススメなサイトです。

すべてのスマホのスペックをまとめたサイト 

そういうサイトを見つけました。スマートフォンを探す上まで困るのが多くの機種があるということです。
ナニカ転売したい際にどんな商品を売ればいいのか、また買えばいいのかわからなくなります。日本ではまだ多くの高性能スマートフォンが認知されていません。

いち早く売り出し人気を勝ち得たものが多くの利益を得ることができます。中国製とは言え性能もデザインもどんどん向上してきています。消費者の満足に届くものが増えてきました。

そんな時におすすめなのが今回紹介するこのサイトですhttp://www.kimovil.com/en/kimovilというサイトです。

 

スペック順に並び替えてくれる

このサイトでは現在あるスマートフォンをあらゆるスペックで順番に並んでいます
値段やバッテリー、カメラ、大きさ、antutuのスコアなどさまざまな観点からスペックで並び替えてくれます。
転売の際に1番大事なのがコスパです。

このサイトを使えば安い順にスマートフォンを並べることもできますが今回はantutuを使ってコスパのいいスマートフォンを探してみようと思います。

antutuとはコンピュータの性能を表した共通の企画だと思ってもらえれば差し支えありません。

この数値が大きければ大きいほど性能が高いということを示します。早速ランキング順に並び替えてみましょう。基本的に値段はユーロで表示されます。1ユーロ大体100円ぐらいけんぐらいなので1ユーロだいたい125円ぐらいなので200ユーロ程度のものが売れやすいと言えると思いますそうするとみてください。なんと199ユーロのものがありました。
が性能はどうやらiPhoneSEと同じくらいのようです。
さっそく見てみましょう。

25000円でiPhone6Sに迫る性能。デザインも

なんとおよそ今25,000円程度であるフルHDで98,000のスコアのものが買えることがわかりました。

値段だけではなくスマートフォンが買えるサイトも掲載してくれてるのでとても便利です。

iPhoneとほぼ同じ性能でした。galaxyS6にも勝っています。

いつか記事書いたとおりスマートフォンは性能デザインだけではなく使った時の体験ってか想像できるかで大きくその価値がかわります。

IPhoneがその良い例だと思います。
いまみたところこのスマートフォンはアマゾンでもヤフーでもメルカリでも売り出されていません。

もしこのスマートフォンをいち早く買って、わかりやすく消費者が体験を想像できるような説明文を書いた場合スペック的にはすくなくとも4万円程度で売ることができるはずです。。

このサイト使えば簡単にスマートフォンを探すことができます。

音声入力を使った記事作成がオススメ

音声入力を使った記事の作成について書きます。これが実際かなり便利です。個人的には革命だと思います。コンテンツを大量作成したい際は有効です。 

f:id:onceyoufall:20160425011623j:plain

音声入力とは

その名の通り音声文字を入力するものです。

MacBookiPhoneでは音声入力ができます。

日々記事を書く際に面倒くさいなと感じていたのがタイピングです。

これを解消できないかと考え付いたのが音声入力です。

やり方は簡単。MacBookではfnキーを2回押すだけです。

 

以下のようなときには音声入力はおすすめです。

・大量に記事を作成したい

┗メディアを作る時とか

くだいてきな方法や名刺を伴わない記事

┗商品の品番やサイト名を伴わないもの

 

メリット・デメリット

まずメリットとデメリットを簡単に述べておきます。

・メリット

思ったことをただ声で発するだけなので手間がかからない

・デメリット

誤字が多い

喋りながら記事を書くのは案外やりにくい(最初だけ)

 

 

メリット

それにつきます。ただ思ったことをこの場で入力すればいいだけなのですごい簡単です。まだ比較をしていませんが、タイピングよりも圧倒的に早いと思います。

今までは思ったことを考えながらタイピングをしていたと思いますが、その場で声に出せば良くなるだけなので相当手間が減ります。

デメリット

・喋りながら記事を書くのは案外やりにくい(最初だけ)

はじめはやりにくい事です。

今までは文章を考えてからそれを文字に起こしていました。

なので、喋るよりも内容がある程度整理されています。

しかし、しゃべるとなると考えた瞬間に文字すればいいので

逆に最初は戸惑います。

 

しかしそれも、1行ずつ音声入力を使ってかけばいいのです。

やっているうちになれると思います。ぼくは1時間で慣れました。

・誤字が多い

あとで原文を出しますが、誤字が非常に多いです。

正答率はだいたい6割程度といったところでしょうか。

なのでただシャベルだけで記事が作成できるわけでありません。

修正作業が必要です。

しかしこれは1行ずつ記事を書くのであればさほど苦ではありません。

むしろ大半の文章をかいてくれ、一部を修正すれば良くなるだけなので

圧倒的に効率が違います。

オススメのやり方

・1行ずつ書く

一気に記事を書くのではなくてはじめは

1行づつ自分が言いたいことを書きましょう。

今まで机上タイピングする際も頭の中である程度内容を考えてから

タイピン教えたと思います。

それを頭の中で考えたら書くのではなくしゃべるに置き換えるだけです。

そうするとタイピングに戻ったときと比べて格段に楽だということが実感できると思います。

こんな利用法も

YouTubeで動画を作る時に音声入力を立ち上げっぱなしにしておいて

動画の作成と同時に記事も作る

大事なのはユーザーが集まることです。その際には同じコンテンツであっても発信するもとは多いほうがいいです。

これは後で詳しく書こうと思います。

 

コンテンツを大量に定期的に作成し続けるには、いかに面倒くささを排除するかが大切です。ちょっとした面倒くささで記事を更新しなくなります。人間ですから。

音声入力はそのメンドウクササをかなり取り払ってくれるものだと記事を書いていて確信しました。